予防するには -肝臓病@情報ガイド-



予防するには


  そんな恐ろしい肝臓病を予防する方法なんですが、まず一番
  なのは暴飲・暴食と過度のアルコール摂取をしない≠ニいう
  事に尽きます。肝臓病になるきっかけは、肝臓が過度の働きに
  よって肝臓そのものが弱ってしまうからです。

  肝臓は毎日体内に吸収された食事の養分を分解して、エネルギー
  にしたり、余った養分を脂肪に換えて貯蔵したり、体内の老廃物
  や毒素を排除しています。実際、食べ過ぎてしまった時には、
  胃腸にも確かに負担は掛かりますが、それ以上に無理をしている
  のは、体内に取り込んだ養分を最終的に処理する肝臓だったりします。

  したがって、肝臓を弱らせない為には、一にも二にも食べ過ぎ
  ない・のみ過ぎない≠ニいう事に注意する事が大切になってきます。
  食事を腹八分目に抑えておく、というのは、肝臓病だけでなく他の
  臓器をいたわる為によく言われることですが、
  もう一つ間食を控える≠ニいうことも大切です。
  出来れば間食をしないのが一番です。特に間食の場合は、糖分を
  たっぷり含んだ菓子やジュースなどを摂る事が多いので、予想以上
  に肝臓は働いているのです。あまり知られていませんが、砂糖入り
  の缶コーヒーや清涼飲料水は、我々が思っている以上に砂糖が入っ
  ています。これは人間が冷たい飲み物に含まれている糖分を、
  あまり敏感に感じないからで、甘い≠ニ感じるには相当量の砂糖
  を入れなければならないのです。

  あと、夜食もなるべく摂らないように心がけるのも、肝臓を休ませる
  のに役立ちます。寝る前に少しくらい空腹を感じているくらいが
  いいと言われています。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 病気に強い肝臓
   ★ 劇症肝炎と肝炎の原因
   ★ 肝癌と脂肪肝
   ★ 肝臓を守る食事@