肝硬変とは -肝臓病@情報ガイド-



肝硬変とは


  B肝硬変:

  肝臓病の中でも肝硬変は、いきなり発症するタイプの病気
  ではありません。慢性肝炎やウィルス性肝炎などの症状が
  進行し、肝臓の細胞が破壊され続けると、いかに再生能力
  がある肝臓とはいえ限界に達します。肝細胞は変質して硬く
  なり、見た目も小さくなってデコボコになってしまいます。
  当然、肝臓の機能そのものも劣化してしまいます。
  肝硬変は肝臓病の行き着く最終形態ともいえます。

  肝硬変になってしまう直接原因は、アルコール(いわゆる
  長年に亘る酒の飲みすぎ)だと思われがちですが、実際に
  アルコールだけが原因で肝硬変になってしまう人は、
  全体の10%程度です。むしろウィルス性の肝炎、その中でも
  C型ウィルス性肝炎の症状が進んで肝硬変に至るケースが
  全体の70%近くを占めています(B型肝炎との併発を含む)。

  肝硬変の怖いところは、これも慢性肝炎と同じく初期症状が
  大変わかりにくい点にあります。これは肝臓が持っている
  代償能≠ニいう、一部の肝臓細胞が支障をきたしても、
  他の部分がその働きを補う能力のせいで、よほど肝硬変が
  進行しない限り肝臓は自覚症状が現れてきません。

  肝硬変の自覚症状は、疲れやすさや食欲の減衰ですが、
  こうした症状は肝臓病に限った事でなく、ほかの病気にでも
  ありがちな症状で、肝臓病特有の症状としては黄疸や腹水
  (内蔵同士の隙間を保つ為にある腹膜には少し水が溜まって
  いるが、腹水はこの水が溜まりすぎて、お腹がぽっこり膨ら
  むこと)などの症状なんですが、そのような肝臓病特有の
  症状が出るほど肝硬変が進行していると、相当重症≠ニ
  いう事になります。

  そして、肝硬変によって変質してしまった肝細胞は、もう元
  には戻りません。肝硬変の治療は、生活改善や投薬によって
  肝硬変がそれ以上進行しないようにするだけなのです。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 病気に強い肝臓
   ★ 劇症肝炎と肝炎の原因
   ★ 肝癌と脂肪肝
   ★ 肝臓を守る食事@