病気に強い肝臓 -肝臓病@情報ガイド-



病気に強い肝臓


  そんなわけで、肝臓は体内の中で特に重要な役割を
  色々と兼任していますので、この肝臓を人工臓器として、
  現在の技術で作ろうとすると、その大きさは5階建ての
  ビルくらいの大きさになってしまい、人工肝臓≠
  作る事は不可能と言われています
  (ただ、最近人工材料でなく、他の動物の肝細胞を利用
  したバイオ素材≠使用することによって人工肝臓実
  用化の道筋が見えてきたという話もある)。

  ただ、肝臓はその役割の重要さから、かなり丈夫な器官に
  なっています。もし、肝臓の一部が破損したり、ウィルス
  の冒されたりしても、他の部分が役割を代行しますし、
  さらに肝臓は、ある臓器の中でも珍しい再生能力≠ウえ
  も持っています。普通、虫歯で抜けた永久歯は、もう生えて
  きませんし、事故などで欠損した臓器は元通りになりません。
  しかし肝臓だけは傷ついても、それをある程度再生する能力
  を持っているのです。大切な臓器だからこそ、
  肝臓は壊れ難い¥苺vな臓器なのです。

  その丈夫な肝臓なんですが、決して無敵≠ニいうわけでは
  ありません。肝臓も他の臓器と同じようにウィルスに冒され
  ることもありますし、酷使すれば変調をきたす事もあります。
  そして問題なのは、肝臓はなまじ丈夫な臓器≠ナある為に、
  病気になってもなかなか自覚症状が出ないのです。

  肝臓内の代行機能や再生機能によって、病状が表面化しにく
  いのも理由の一つですが、もう一つは肝臓には痛みを感じる
  視覚神経が通っていません。したがって、多少の異常が起こ
  ってもそれを痛みや不快感として感じる事が出来ないのです。
  肝臓に異常を感じるような段階だと、病状が相当進行している
  場合が多く、肝臓が沈黙の臓器≠ニ言われるのはそうした
  理由があるのです。


当サイト人気コンテンツ


   ★ 病気に強い肝臓
   ★ 劇症肝炎と肝炎の原因
   ★ 肝癌と脂肪肝
   ★ 肝臓を守る食事@